セットワイン特集

コート・シャロネーズの[メルキュレ]はピノ・ノワール栽培適合地!!

シャトー・デュ・クレィ・メルキュレ・シャン・ロアン 2019

    商品コード : eva4088
    価格 : 円(税別円)
    コート・シャロネーズの[メルキュレ]はピノ・ノワール栽培適合地!!
    ポイント : 39
    数量    残りあと341個
     

コート・シャロネーズの[メルキュレ]はピノ・ノワール栽培適合地!!
18世紀末からの歴史を誇るシャトー(ドメーヌ)が造る畑名入り村名赤!!
美味しいワインの代名詞の樹齢40〜70年と超がつく古樹ブドウが素材!!
2019ヴィンテージはパーカー【96点】の例外的超大当り年!!
僅か0.72haの区画から年産3500本の希少品!!




[シャトー・デュ・クレィ・メルキュレ・シャン・ロアン 2019]



「メルキュレ村」はおよそ千年前からブドウ栽培が続く、「コート・シャロネーズ地区」にある5つの村名アペラシオンのうち、北から3番目に位置し、地区最大のアペラシオン (産地)です。 そして[メルキュレ]は、ピノ・ノワールによる赤の生産量がおよそ85%を占める、ピノ・ノワール種栽培の適合地で、この[メルキュレ・シャン・ロアン 2019]も、そんなメルキュレ村のピノで造られた1本です。

一般的にメルキュレの赤は、コート・シャロネーズでも最もスケールが大きく、骨組みがしっかりし、かなり頑強で、まさしく土の味わいがあるワインとされます。 また、シャロネーズの他の赤よりも寿命が長く、泥灰土と石灰質土壌の影響がかなり味に現れるとされ、最上のものは力強く、素直で快い湿った土の香りを含むのが特徴とされます。

シャトー(ドメーヌ)では、そんなメルキュレ村の東部にある[シャン・ロアン]という畑に所有する面積0.72haの区画で栽培するピノから、年産3500本の畑名入りヴィラージュ(村名)赤を造っています。 すべて手摘みで収穫したブドウは、除梗後に約4週間の間リッチさとアロマを引き出すため大桶で発酵、その後フランス産オーク樽内で約15ヶ月間熟成後に瓶詰め。

ちなみにご案内の2019ヴィンテージはというと、 あの「ロバート・パーカ氏」の【ワイン・アドヴォケイト誌】のヴィンテージチャートで、隣接するコート・ド・ボーヌが【96点】、 同じくアメリカの専門誌【ワイン・エンスージアスト】もコート・シャロネーズを挟むコート・ド・ボーヌとマコネに、同じく【96点】のハイスコアを付けた、例外的グレート・ヴィンテージです。

そこで当店で試飲したところ、 『14%のアルコール度を感じさせない、調和のとれた果実味』 『クリアーでやや紫の要素を持つ、深みのあるルビーレッドの色調。ラズベリーや ブラックベリーにチェリーとかすかにチョコレートのニュアンスがある香りも深み があり華やか。 ひと口目からリッチさを感じさせる、はっきりとしたフルーティーなピノの果実味が 口に広がり、シャロネーズではトップクラスの満足感を覚えます。 また、酸とタンニンは比較的穏やかで、それらはしっかりとしたミネラルと共に、 フレッシュで堅固ながら奥行きのある味わいに彩りを添えています。 この1本には、前菜なら合鴨のパテやちょっと贅沢にフォアグラのテリーヌ、料理なら 牛赤身肉のステーキや鶏もも肉のグリルや赤ワイン煮、チーズならアベイ・ド・シトー など、まろやかなウォッシュタイプと相性が良さそうです。』

ブルゴーニュ中部、「コート・シャロネーズ地区」のピノ・ノワール栽培適合地 「メルキュレ村」で、18世紀末からの歴史を誇るシャトー(ドメーヌ)が造る、 年産3500本の希少な畑名入り村名赤[シャトー・デュ・クレィ メルキュレ・シャン・ ロアン 2019]!! 美味しいワインの代名詞、樹齢40〜70年と超がつく古樹ブドウが素材の上、2019ヴィン テージはパーカー【96点】の例外的超大当り年!! この機会をお見逃しなく、しっかりとお買い求めください。 限定本数でのご案内です。



※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、
補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。


Chateau du Cray, Mercurey Champ Roin 2019
■色・容量:
赤750ml
■ALC:
14%
■ブドウ品種:
ピノ・ノワール100%
■産地:
フランス - ブルゴーニ地方 - コート・シャロネーズ地区
■味わい:
ミディアムボディ
■ラベル表示:
酸化防止剤(亜硫酸塩)


このワインを造った[シャトー・デュ・クレィ]は、ブルゴーニュでは「コート・ドール」の南に続く、「コート・シャロネーズ」地区南端のACモンタニィにある「ビュクシー村」の北東部に本拠を置きます。、創業は1798年で25haのブド畑を所有し、栽培、収穫、醸造、熟成を行っている長い歴史を誇るドメーヌです。

「メルキュレ村」はおよそ千年前からブドウ栽培が続く、「コート・シャロネーズ地区」にある5つの村名アペラシオンのうち、北から3番目に位置し、地区最大のアペラシオン (産地)です。 そして[メルキュレ]は、ピノ・ノワールによる赤の生産量がおよそ85%を占める、ピノ・ノワール種栽培の適合地で、この[メルキュレ・シャン・ロアン 2019]も、そんなメルキュレ村のピノで造られた1本です。

一般的にメルキュレの赤は、コート・シャロネーズでも最もスケールが大きく、骨組みがしっかりし、かなり頑強で、まさしく土の味わいがあるワインとされます。 また、シャロネーズの他の赤よりも寿命が長く、泥灰土と石灰質土壌の影響がかなり味に現れるとされ、最上のものは力強く、素直で快い湿った土の香りを含むのが特徴とされます。

シャトー(ドメーヌ)では、そんなメルキュレ村の東部にある[シャン・ロアン]という畑に所有する面積0.72haの区画で栽培するピノから、年産3500本の畑名入りヴィラージュ(村名)赤を造っています。 すべて手摘みで収穫したブドウは、除梗後に約4週間の間リッチさとアロマを引き出すため大桶で発酵、その後フランス産オーク樽内で約15ヶ月間熟成後に瓶詰め。

ちなみにご案内の2019ヴィンテージはというと、 あの「ロバート・パーカ氏」の【ワイン・アドヴォケイト誌】のヴィンテージチャートで、隣接するコート・ド・ボーヌが【96点】、 同じくアメリカの専門誌【ワイン・エンスージアスト】もコート・シャロネーズを挟むコート・ド・ボーヌとマコネに、同じく【96点】のハイスコアを付けた、例外的グレート・ヴィンテージです。

最近カートに入れた商品

最近ご覧いただいた商品

あなたにオススメの商品

WEEKLY
RANKING週間ランキング

ジャンル別ランキング1st

11.5 Update

食品市場ランキング

新着ワイン